フィリピンに5Gの到来、どう変わるのか?

BLOG
スポンサーリンク
スポンサーリンク
chaochao
chaochao

ついにフィリピンにも5Gが来ましたね!

今回は、フィリピンに5Gが到来したことで変わるところについて述べていきたいと思います。

フィリピンの治安

ここは昔から大きな問題でした。

Bos coffeeに強盗が入ったり、クリスマスにタクシーの運転手が襲われたり、バイクタクシーで山奥に連れて行かれそうになったり、、、

大変多くの問題を抱えてきたのですが、5Gの到来で治安は大きく変わるかと思われます。

特に思うのは、「物理的な犯罪を行いづらくなる」ということです。

強盗、殺人など相手と接触が必要な犯罪の場合、街や店の防犯カメラが作動していると、時間はかかりますが犯人が特定できたりします。

ただ、今は顔認証で蓄積データを見れるようで、街のカメラに5Gが入りリアルタイムで犯罪の瞬間ないし、手前をとらえて自動通報することで「犯罪するとバレる」状態ができるかと思います。

なので、あとは警察なり民間のセキュリティー会社が「犯罪者を退治する」仕事をしてくれたら、「犯罪をするとバレて退治される」になりますので、よほどな賭けに出ない限りは、物理的な犯罪は減るかと思います。

そうすると、サイバー犯罪(クレカを遠隔使用など)が流行って来るかと思いますので、次の対応に進めますね。

フィリピンの教育

フィリピンは教育が全体に行き届いてない国です。

ストリートチルドレンは町中にいるし、繋がりがある人は山に働きにいかされたりしてます。

ただ、仮に山にいたとしても、ネットがあればある程度の教養は身につけれるのではないかと思っています。

ここで述べた、働けるある程度の年齢までは、税金で食べて学校にいける状態になればいいのですが、少なくともネットが普及すれば多少教養は届くんじゃないかと思います。

教養以外の教科の面でも、UdemyやSchooなどであれば4Gで十分勉強できますから、5Gの到来で安くなった4Gが全体に行き届けば良いですね!

まとめ

・5Gの活用で「物理的犯罪を行いづらくなる」

・4Gが安くなることでオンラインを通じた教育、教養が全体に届く

ネット教育分野の企業様方にはぜひフィリピンにも進出してほしいですね!

それではアディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました