フィリピン留学で失敗しないために

BLOG
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、チャオチャオです。私は2ヶ国3箇所の語学学校に行ったことがあるのですが、その経験からフィリピン留学で失敗しないためのレクチャーができればと思います。

【#01】フィリピン留学で失敗しないために!

基本的には動画を見ればOKとなっています。

では、行きましょう!

上のものが目次となっておりますので、順番にレクチャーしていきます!

①まず、フィリピン留学の結論なんですが、

「初の海外、英語初心者は特に行くべき!」と述べさせていただいております。

なので、「英語すでに話せる」という方や、「海外行ったことある」という方にはあまりオススメはしません。

②次に、フィリピン留学ってなんじゃらほい?ということなのですが、基本的には、フィリピンで行う語学留学のことをさします。

写真左の寮のような所に暮らし、写真右のような席で講師と学習をします。

③にフィリピン留学のメリット、デメリットなのですが、上の画像にあげたものです。

メリット

・マンツーマンの時間が長い!

これは、フィリピン留学の大きなメリットです。欧米の人件費とフィリピンの人件費が違うため、生徒1人に対して講師を1人つけることができます。

欧米だと、生徒15人に講師1人つく授業だったので、この差は大きいです。

・学習ロジック

これは、学校によりけりなのですが、学習ロジックがしっかり組み立てられていることがあります。第2言語として英語を学んだフィリピン人の講師ならではです。例えば、Uというアルファベットを「ユー」や「ウ」としか読めなければ単語の読みを覚えるのは難しいでしょう。そこでいろんな読み方や組み合わせを学べば学習がより効率的になります。

・料金が安い

これもフィリピンならではです。安い所だと1ヶ月10万ほどの語学学校もあるくらいです。そこはレビューとお好みで選んでもらえたらなと思います。

・外出しやすい

これは、個々で違ってくるかもしれませんが、フィリピンはタクシーの初乗りが90円ほどなので、外出しやすいです。

タクシーが高くて、電車が遠ければどこもいけないですからね。

フィリピンのセブの場合だと、セブ市内からモールに行って240円くらいです。日本の電車よりも安くつきます。オススメです!

デメリット

・国レベル

国のレベルによるアクシデントが多いです。

停電もしょっちゅうありますし、寮の中に蟻も出てきます。

インターネットも頻繁に途切れますし、外の渋滞もすごいです。

このあたりは改善の余地こそありますが、まだ進んでない部分になります。

・ビジネストーク

これは、話しをしたい方からしたら困るかもしれません。「英語を教える」勉強をしてきた講師なので、英語でビジネスの会話をすることには慣れていません。逆に雑談ならめっちゃ盛り上がります笑

・外のアウトプット

これはフィリピンに限らず語学学校自体がそうなのですが、学校の内部は講師がいて英語の会話が行われますが、外にイングリッシュスピーカーはいません。

フィリピンの場合は、比較的通じますが、外でもしっかり使っていきたいという方には物足りないかもしれません。

④フィリピン留学のこれは抑えておけ!

前章のメリットデメリットはいかがでしたか?これを踏まえてもフィリピンに行きたい方に押さえておいたほうが良いことをレクチャーします。

学習

・カフェテリア

これはめっちゃ重要です!語学学校の授業の時間はだいたい6時間ほどなので、空き時間がどうしてもできてしまいます。

部屋に机と椅子はあるかとは思いますが、部屋は正直勉強に集中しづらいです。そこで重要になってくるのが、カフェテリアです。机、椅子、冷房、ネット環境は確認しておいた方が良いでしょう。フィリピンは暑く蚊も多いので、カフェテリアが室内にあることを確認しておきましょう!

・学習環境

これも上記とほぼ一緒です。その他の要素として、レベル制度は確認しておきましょう。大抵、最初のテストでレベルを振り分けられるのですが、これがあてにならない場合も多いです。語学学校側もビジネスなので同じレベルの生徒で教室がすっぽり埋まる方がいいのです。

なので、レベル変更や講師変更の制度があるかどうかは事前に確認しておいた方が良いです。

・国籍比率

これは、よく言われることなのですが、日本人が少ない学校は良しとされています。ですが、そこまで関係ないかと思います。

日本人がいないと、先人の得た知識が得られませんし何か物を受け継ぐこともできません。

先人の知識はとても貴重で、すごい裏技を知っていたりします。タクシーに安く乗る方法や、安いスーパー、オススメの講師など

それにタオルなどの日用品をもらえることもあります。

話したくなければ、話さなければ良いので、日本人がいることは重要です。

生活

しつこいですが、電気、水道、ネットです。

これは、十分ではないものとして考えておいた方が良いでしょう。

学校に発電機がある場合は、停電しても復旧できるので問題ないのですが、小規模の学校だと発電機がない場合もあるかもしれません。

油断せずにネットがなくても学習できる状態を整えておいた方が良いでしょう。

あとは、蚊です。日本の倍います。蚊の対策は万全にしておいた方が良いです!

次にスタッフについてですが、基本的には日本人社員や日本人スタッフがいます。がいないところもあるので、学校名+インターンや学校名+採用で調べてみた方がいいかもしれません。

日本人スタッフがいないと、聞きたいことがあっても聞けないこともあります。病院や時期変更などは大きなことなので日本人スタッフがいた方が安心できるでしょう。特に学生インターンは愛想も良く明るい方が多いので、学生インターンがいると不安な点が出てきてもより安心して滞在できます。

娯楽

語学学校は週末の授業がないので、学校周りの娯楽も重要になってきます。

モールやスーパーが近いと買い物も安心です。何もないところに行ってしまうと、交通費も高くなりますので立地も確認しておいた方が良いです。

⑤続いて、フィリピン留学、治安と物価はどないな感じ?です。

フィリピンの物価は安いと言われることが多いですが、私はそんな安いとも感じません。たとえば、焼きそばだけを食べれば300円くらいですが、タクシー往復料金と、ドリンク代を入れれば、900円くらいになります。

フィリピンはドリンクを注文する文化なので、水のクオリティが低かったりしまう。なのでコーラやアイスティーを100円ほどで注文するのが主流です。

とはいえ、その他や特にマッサージは1時間200円ほどで受けられるので安いことは多いです。

次に治安ですが、意外と旅行者がいくところは安全だったりします。

ジンベイザメの見えるオスロブや、ショッピングモールなども危ないことはほぼないです。あるとすれば、モールから出て歩道に行ったりだとか、ジプニーに乗ったりだとかすれば危険のリスクは増しますが、全然避けれる範囲ですので、思ったよりは安全でしょう。

⑥次に、フィリピン留学ではアクションが大事です。ということでレクチャーです。

せっかく英語を学びにきたのに、英語を使わないと勿体無い!または、せっかくフィリピンにいるのにフィリピンのことがしれないと勿体無い!

ということで、現地の情報収集や主張ということは日本語でもやった方が良いです。日本語を話さないぞ!と意気込みは良くてもネットの繋ぎ方がわからなかったら結局時間を無駄にしてしまいます。洗濯機の使い方が分からなかったら?

時間が無駄になる前にしっかり行動しましょう。主張も同じです。学校の講師や教材が合わないことはあります。それを言わないままにすると時間が無駄になります。せっかく日本じゃない環境にいるのだから自分自身も変わってみましょう!

あとは、逆ですが英語を使いましょう!具体的には英語を使う機械に飛び込むことです。学校の韓国人や台湾人と話すときはおそらく英語が共通言語になるでしょう。そこをお互い話し合ってみましょう!イージーイングリッシュでOKです。そうすれば仲良くもなれます。それでも話すのが難しかったらアクティビティーに参加してみましょう。楽しむという共通点があるから仲も深まりやすいですよ!

以上、フィリピン留学で失敗しないためにということでお届けさせていただきましたが、役に立てれば幸いです。

金銭状況や英語への思いも人それぞれですが、以上は私が個人的にお伝えしたかったことです。以上が絶対ということはありませんが、皆様の留学にぜひご参考くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました