【進出歓迎】フィリピンに出店してほしい日本のお店3選

BUSINESS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、チャオチャオです。

今回は、フィリピンに進出し、出店してほしいお店3選を紹介したいと思います。

毎年、多くの日本人がフィリピンにやってきては、その商品の価格や品質に良くも悪くも驚いているところです。私は現地の鼻毛バサミを使ったらうまく切れずに引っ張ってイテテみたいになりました笑。

そんな日本人たちがどうやったらフィリピンでの生活を快適にすごしてくれるのか、どうやったらフィリピンの国がより良くなるのか、今回はそこらを踏まえながらのリストになっています。

ぜひぜひ、読まれる前にチャオチャオがどんなお店を選ぶのか予想してみてください!

今回の出店して欲しい店の基準は?

①その会社にメリットがあること

②フィリピンの生活水準向上すること

③UXが良いこと

今回は上記の基準で選択させていただきました。どちらかというと、その会社にもメリットがあるという、わりと本気で進出してきていただきたいお店になっています。

出店して欲しいお店その1

1番目は、ホームファッションを提唱し、お値段以上を提供するあのお店

ニトリ」です。

落ち着いた空間を演出する家具や、機能性の高い収納用品も豊富にあり、フィリピンの生活の質をいっそう上げるでしょう。なおかつ値段も安く購入しやすいため、普及していくと考えました。

①今、フィリピンでは建設中のコンドミニアム(マンション)が多くあり、その中のインテリア、機能用品として購入されブランドを根付かせることができる。

②ホームファッションを通しての見栄えの部分と、機能用品での生活環境の向上で生活水準の向上し国のイメージもクリーンでおしゃれになる。

また、「お値段以上」で市場を取りに行くことで、フィリピンのインテリア、家具、家電の市場の競争が活性化し、商品クオリティが向上します。

③コンドミニアムや日本人が住む範囲に家具、家電が配置されることで、生活のクオリティが上がり、滞在経験がより良いものとなります。

以上が「ニトリ」を選んだ理由です。

出店して欲しいお店その2

2番目は、物件の活用と、大量仕入れで激安の殿堂!、「ドン・キホーテ」です。

「そこに行けば、なんでも揃う」そのブランドで、遠くにあろうとお客さんが足を運ぶ、すごいお店です!

ニトリと同じく家電も扱うさながら圧倒的な日用品の品数を誇ります。日用品の豊富な選択で滞在者も必要なものが手に入り、快適に過ごせるはず!

①英語圏でドンキブランドを浸透でき、日本toフィリピンto海外のブランド認知が可能になる。メイドインジャパン商品の取扱い店舗として富裕層の購買先になれる。

②ブランド力で建物への来店客を増やし、対顧客、対社会でジャパンクオリティを認識させ、国内の商品のクオリティの向上につながる。

また、PBでフィリピン発の商品をつくり、産業の活性化につながる。

③大量仕入れにより、日本の日焼け止めなどの日用品やフィリピンの店では手に入らない飲食物など、欲しいものが手に入り、快適にすごすことができる。

以上が「ドンキ・ホーテ」を選んだ理由です。

出店して欲しいお店その3

1番目、2番目と小売が来てしまったのですが、3番目は、サービスです。

ありとあらゆるアミューズメントが揃い、一日中いてもあきない場所、「ラウンドワン」です!

コインゲーム、ボーリング、ビリヤード、ダーツ、クレーンゲームなど多くのアミューズメントで大人気間違いなし!

①フィリピンの平均年齢が24歳である点と、観光客の来店により、遊びニーズが多く機械の稼働率が高くなると考えられる。

②提供するサービスの質があがり、より複雑なニーズに答えられるサービスが生まれる。(サバイバルゲーム、VRシューティング、カードゲーム、ゴーカートなど)

観光での満足度があがり、より多くの観光客に来てもらうことができる。

③観光の滞在での楽しみが増し、他の経験もポジティブになる。

以上が「ラウンドワン」を選んだ理由です。

以上が、フィリピンに出店してほしい日本のお店3選です。

最初に予想したものは当たりましたでしょうか?

実は、どこのお店も海外展開はされていて、ニトリはアメリカ、中国、台湾、ドンキ・ホーテはアメリカ、タイ、シンガポールにあり、ラウンドワンはアメリカにあります。

特に、タイ同樣にフィリピンの日本人も増えてきているので、ドン・キホーテの進出は早いかもしれませんね。

これが私の「欲しい」です。

あなたの「欲しい」も一緒に実現させていきましょう!

それでは次の投稿で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました