フィリピンで成長地域はダバオ!?

BUSINESS
ダバオの発展について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんちわ、チャオチャオです!

思っていることがあるので、先に書いておきます。

「最後に勝つのはダバオ」

フィリピンのダバオに4ヶ月位、セブに3ヶ月位、マニラに3日ほど滞在したことがあるのですが、最終的に勝つのはダバオだと、チャオチャオは思っています。

ここでの「勝つ」は暮らしやすさを示しています。

なぜダバオなんでしょうか?

「ダバオは治安がいい」

これにつきます。

治安の良さは、街のレベルや教育水準の高さを示しています。

ダバオでもホームレス等いるものの、あまり危険な危害を加えてくることはありません。

 

チャオチャオがセブのアパートにタクシーで行ったときですが、出た瞬間、金をくれと婆が迫ってきました。

怖かったので蹴ろうと思いましたが、一緒に乗っていた友達が10円?くらい渡したので婆は引いていきました。

こいつはホームレスなのかなぁと思っていたら、そのアパートの横の家に普通に住んでいたので、たまに上から眺めていました。

いや〜旅行者なら超びびるでしょうね。

それがダバオでは起きないわけです。

Duterte大統領の出生地

ダバオは、Duterte大統領の出生地で、ダバオでずっと市長を務めていました。

市長中は客に紛れてぼったくりタクシーを始末したり、自らがドライバーになってぼったくりや犯罪を減らしていったそう。

そのおかげもあり、ダバオではほとんど犯罪が起きません。

(ただし、ドライバーが釣りを持ってなかったりはしょっちゅうです。)

 

さてみなさんはマズローの欲求段階というものを聞いたことがあるでしょうか?

欲求には5段階あるという学者の定説です。

マズローによると、欲求には5段階あり、それぞれ

1生理的欲求

2安全欲求

3社会的欲求

4尊厳欲求

5自己実現欲求

に分かれているそうです。

 

は、食べたり寝たりなど生活の基本的な部分になる欲求です。1に関してはほとんどの人の欲が満たされているでしょう。

は、安全欲求で、家の中等で寝ることができ、危険を感じず過ごすことで満たされる欲求です。セブの場合はこの時点である程度引っかかるかと思います。

は、社会的欲求で、何かに属していることで満たされる欲求です。学校やスポーツクラブなどがこれに当たります。

は、尊厳欲求で、誰かに認められたいというような欲求です。

は、自己実現欲求で、自分にしかできないことをできるようになったり、自分の最大のパフォーマンスへと近づくことで満たされる欲求です。

日本人は今、の段階にいるかと思います。「子育てしながらもキャリアを築きたい」、「自分の力で生きていけるようになりたい」という欲求があり、それらをサポートできるビジネスが有効的かと思います。

セブの場合は、の段階におり、危険を感じることがないよう、ストリートチルドレンの抑制、警察の巡回の強化、教育水準の向上が必要かと思われます。

まぁ今はオスメニアという、強い市長がいるので3年くらい待てば解消してくるかなぁとは思ってます。

 

ダバオの場合は、3並びに4が必要だと思います。

アミューズメントやスポーツ施設をつくり、趣味を見つけ、時間をつぎ込めるようにする。

そして、スキルを身につけることができるよう、会社やイノベーションが根付くように支援していく。

が、しかしダバオで事業を行う人が少ないのが現状です。

日本の場合はどうかというと、5の段階にあるかと思います。

学校にいく、家に暮らしている、食べ物がある

などは満たされていて、そこを超え、自分にしかできないことを身につける(大人の習ごと)、自分に本当にあったファッションを身につける(ZOZOSUIT,WEAR)、自分に本当にあった情報を手に入れる(youtuber,グルメリポート)段階に来ているかと思います。

この段階まで来ると、マス(大衆)に向けたおすすめでは参考にならないため、個人で自分のファンを抱えた人が出て活躍するでしょう。

チャオチャオのおすすめしたものは私の味覚にも合う!

チャオチャオのおすすめした服は、生地がしっかりしていて良い!

と、個人が自分をさらけ出して、ファンもそれを評価し続けるという構図ができます。

ちょっと書きすぎました。すいません汗

そんな具合で、人々の欲求の段階によってプットするサービスの違いが紹介できたかと思います。

ダバオなら、日本のクオリティーに近づけると私は思っています。

ダバオの発展の可能性について、共感いただけた方、ぜひダバオでビジネスを始めましょう!

チャオチャオはお金がないので、資本家を大募集中です!

それではアディオス

チャオチャオのツイッター

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました