これぞホワイト労働!?さよならブラック

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにわ、チャオチャオです。

チャオチャオはレストランで普段バイトしてるんですが、この前食洗機がおかしくなってめっちゃヌルヌルになったんですよ!

そしたら途端に人が集まって食洗機について話し合いが始まったんです。

そしたらなんか作業の疲れがどっかに行ったわけです。

そこでひらめいた。

「なんか緊急事態を解決する時って疲れなくね?」と

仕事でため息が出るほど疲れなかったらいいですよね!

そこで今回のホワイト労働説を紹介しようと思います。

 

現場作業×デスクワークのハイブリッドワーク!

これぞ最新のホワイト労働なんじゃないだろうか。

 

一般的なブラックとして私が考えるのは、

長時間労働無休などの時間的要素

飛び込みや売り込みの内容的要素

内容に対して給料が低い金額的要素

 

の3つに振り分けられるんじゃないかと思います。

 

チャオチャオが昔やっていたコールセンターの仕事だと

残業なし、15分単位給料

あんま商材にメリットがない

時給は普通のバイトの1.5倍くらい

 

って感じで3ヶ月なんとかもった感じだったけど、後半は精神がやられてた。。

 

残業せな稼げんわ〜とか、拘束時間長すぎるわ〜と行った話を聞くことがありますが、内容ブラックに比べたら全然いい方だと思います。

健康を維持できる。。。とは言いませんが、心身を崩すリスクは少ないですよね。

 

ブラックについて話したところで、今度はホワイト説のあるハイブリッド型について話していきましょう。

 

まず、現場作業に関わる会社なので、現場と時間が合わないといけないですよね?

ほんなら現場が何時くらいに終わるのか?7時とかです。

 

これで24時まで残業。。。とは普通ならならないですよね!

 

そして内容。現場と繋がってる会社の商材って結構目に見えないものだったりします。たどえば水道管とか断熱材とかそんな感じ。

 

 

あーいう目に見えないものを取り扱おうっていう発想がないので、自然と競争が減ります。あと仕入れるのに資金がいるので、既存の会社の方が強かったりします。

 

 

会社が強いとライバルがいない。競争がないレアなものを扱っていると自然と現場に必要とされる。

 

 

あれっめちゃいい循環じゃないですか?

 

 

いい循環なんです。かと行って日頃目にしないものを扱ってるから、会社自体も知名度が上がらなかったりして採用の面でも競合が少なかったりします。

 

 

MEIJIとか誰でも知ってる会社だったらエントリーシートだけでもすごいことなりそうですよね。。。その逆をつくわけです。

 

 

3つ目、金銭的要素!

さあ現場に商品を卸します。瓦一枚ですか?

 

 

 

いいえ! 瓦だったら何百枚必要です。ビル用の窓ガラスだったら何千枚必要です。

 

 

 

じゃあ売り上げは、、上がります。

 

 

 

 

駄菓子屋でお菓子売ろうとすると、お菓子が20円だったら利益が20円以上になることってないですよね?

 

 

 

建設現場で必要とされているものは単価が高い上に数も多いんです。

 

 

 

 

じゃあどうなる?給料が上がる!

 

ということで、好循環ばかりなんです。

 

採用も比較的されやすい、朝はメール対応、昼から現場など座りっぱなし、立ちっぱなしがない。現場で想定外なことが起こって解決能力が必要とされる。単価高い、数多い。

 

 

あらら〜メリットづくしですワン。

 

 

じゃあなぜみんな行かないのか?

 

そりゃあ名だたる企業の方がかっこよかったり、金銭的時間的によかったりするわけです。

 

ただ内容面を考えずに就職後に失敗した人は数えれないほどいそうですね。

 

まあこの時間、内容、金銭で重視するところは人それぞれ違うでしょうが、バイトとかでいろんなタイプのブラック、ホワイトを体験することで見えてきます。

 

私は中高の時に椅子に座りっぱなしの授業はめっちゃ辛かった。手足を動かす副教科はめっちゃおもろかった。競い合うテニスはもっとおもろかった。

 

自己分析というかたっ苦しいもんはいらんと思うんですが、自分の経験を振り返ってみて、どのタイプの労働をするか決めてみてください!

 

ハイブリッドワークを探すときは、建設とかインテリアとか商社、卸とかで調べると出てきます。

 

 

さぁみなさん、2018年はホワイト労働しようぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. ガマ より:

    理屈がめちゃくちゃでロジックが成り立っていない。
    もっと頭を使って記事を書いたほうがいい。

タイトルとURLをコピーしました