チャオチャオのプロジェクト

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

はいどーもーチャオチャオです。

 

まぁ明日いろいろございまして、、、

 

YouTube

 

ちょっと私のやってきたプロジェクトに触れたいと思います。

 

私はフィリピンのダバオに留学して、その後別都市のセブに滞在していたんですが、そのときにダバオで爆発があったって聞いて、

 

「自分になにかできることがないか?」と考え、

 

ペットボトルを使って募金をはじめました。

 

これが、チャオチャオドリームボックスです。

チャオチャオ(ChaoChao)が未来(Dream)のためにペットボトル(Box)をつかって募金を始めたことが由来です。

チャオチャオはフィリピンのダバオとセブに滞在してみて、両者間のつながりが少し弱いんじゃないかと感じていた。

 

日本と違って全世帯がテレビを持っているわけではないし、放送をキレイに受信もできていないからそうなるなと。

 

この両者がつながることは、良き未来を創ることになり、そして元気のでるきっかけになればとセブで募金を集めてダバオへ送ることにした。

 

朝、コーラのペットボトルを見たときに、これで募金を集めようと思った。

 

 

 

ChaoChaoDreamBox Episode of Cebu

 

たまたまセルビアで買っていたお菓子があったのでそれを語学学校で買ってもらいながら徐々に募金をためていき、

 

最終的にはセブのビジネス街のITパークまで行き、スキルがないなりに歌を歌い募金を集めた。

 

募金をしてくれる人がなかなか現れない中、

 

ダバオのことをしってくれてか、私の挑戦に心を打たれてか、一人の女性が立ち止まって募金をしてくれた。



そのときに、世界の人ってつながっていけるんだなと感じた。

 

募金は額ではなくて、思いが大切であるからこそ、国内のセブで集めた。

 

 

そしてセブのひとたちも答えてくれたのだ。


そして、集まった募金をダバオに持っていったチャオチャオは、募金でキャンディーを買い、爆発跡地で配った。

 

爆発から2週間ほどで行ったから、そこはまだ厳戒態勢。

 

ひょっとしたらまだテロを試みる人がいたかもしれない。

 

けれども、なんとかここから立ち直ってもらっていい未来をつくりたい、その一心でスピーチをした。

爆発跡地がテロの悲惨さを物語っていた。

 

ChaoChaoDreamBox ~ChaoChaoSpeech~日本語字幕

 

都市の安全ランキングに入るほどの場所で起きた爆発テロから数週間で起こした行動である。

 

たとえ、募金が集まらまいと、スピーチが聞き取れなかろうと、こうして動画に残していれば、人を元気づけることができるかもしれない。

 

そう思うと、挑戦は起こしやすくなります。

 

これを読んでくれた人も、動画を見てくれた人も挑戦をする勇気になってくれたら嬉しい。

 

これが2016年に行った活動です。




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました