南海トラフは6月21日か?警戒必要

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうもチャオチャオです。

今回は、大阪の地震もあり驚きの中なのですが、次への備えも必要だとお伝えできればと思います。

南海トラフのXデーはひょっとしたら、21日なのかもしれません。

2つの見解を示しておこうと思います、

①大きい地震の後である

本日、2018年6月18日の午前約8時

大阪を震源とした震度6弱の地震が発生しました。

これを本震と思いがちですが、実は違う可能性もあるのです。

東日本大震災の際は、震度5弱から51時間後(2日と3時間)に震度7を計測している。

そして

熊本地震のときは、最初の震度7を計測したのが、14日の約21時30分

そして、本震を計測したのが、16日の1時30分である。

最初の地震から28時間後におきている。

ここで、28時間後〜51時間後の間はより危険な時間帯だと予想できる。

6月18日の午前8時から28時間なので、1日と4時間後とすると

6月19日お昼12時になる。

6月18日の午前8時から51時間後の2日と3時間を計算すると

6月20日お昼前11時になる。

この間はより注意して過ごしたい。

②ジュセリーノの予言

ブラジルの予言家が2018年6月21日を予想している。

それも、2000年ごろに出版された本の中である。

予言は、松原照子さんのものを信じるようにしているが、昔の予言とこの2日圏内の予想がある程度かぶっている点からありえなくない。

21日で考えると、朝にくると考えれば午前0時の場合で、最初の地震から64時間ほどなり、数字的にも不自然ではない。

まだ時間がたたないとわからないが、地震の予想はあまり確実にはいかない。

20日で2日たったからと安心せずに引き続き注意してもらいたい。

できること

・夜寝る前に湯船に水をためておく

➡いざとなったらトイレを流したり飲水にもできる、水は復旧に時間がかかり、トイレを一回流すのに2L必要である。

・防災バッグを買う

↑から購入ページにとべるようになっている。身の危険を感じてからでは遅いので、購入してください。

・食料や飲料を買っておく

➡食料や飲料は先に買っても後で食べることができます。まずは買って温存しておいてください。

 

最後に

絶対に油断はしてはいけません。恥ずかしくてもモバイルバッテリーや食料をバッグに入れて持ち歩くようにしましょう。

絶対に生き延びよう!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました