失敗続出な中、なぜチャレンジを続けられるのか?

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんちはチャオチャオです〜

 

先日、こんなゾゾタウンの前澤氏のツイートに目が行きました。

この文章の中にチャレンジを続ける秘訣があるんです。

 

要は、

一見損しただけに見えるようなことでも、実は次に繋がっていて役に立つ

ということです。

 

私はこの思想が広まることで、世の中を大きく変えることができるんじゃないかと考えています。

 

チャオチャオはフィリピンに行ったときに、水の質が悪かったり多発する犯罪を見て、ヤバイと思い、そこから活動を行っています。

 

テロがあった跡地を元気づけようと、募金活動をしたり、Tシャツをつくって寄付したり、、、

 

金額で見れば、全部赤字です。広告費に1万円くらいかけたこともあります。

 

なぜそこまでして挑戦することができるのか?

 

それは自分が挑戦をすることで、誰かの挑戦につながるからです。

 

自分にとっての損(Tシャツつくったけど売れなかった)もひょっとしたら誰かの挑戦のきっかけになるかもしれない。

そうした連鎖ができることで、今は荒れたフィリピンでも良くなっていくと思うんです。

 

自分の挑戦で世の中を変えるのではなくて、自分の挑戦で挑戦が生まれる環境をつくることが世の中を変えることができるんです。

 

そう思うと挑戦ってもっと行いやすくなりませんか?

 

むしろ、失敗に成功したんだと思ってやれば挑戦をし続けることができます。

chaochao speech in davao

このスピーチがより多くの人に届けばいいなと思いますが、思ったより音が悪いw

 

まぁそんなある意味失敗したようなスピーチでも誰かの勇気につながればこの動画もスピーチも失敗ではなくなるので、どうかなにかを感じ取ってください。

 

そして、行動してみてください!

 

ではではアディオス

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました